2014年4月13日

手放せないを手放す

ある程度解放を進めていると、大きな壁にぶち当たることがあります。


どんなに頑張ってもある感情だけどうしても解放できない、あるいはいくら解放してもまた同じ感情がわいてきてキリがない、といったことです。


そんな時には、「解放できない」という思いを解放しましょう。






例えば、どうしても解放できない感情がある場合、「いったいいつになったら解放できるんだろう」とか、「この先この感情だけずっと解放できないままなのかもしれない」といった不安や疑問が浮かんでくるかもしれません。


あるいは、いくら解放しても同じ感情がわいてきて、「自分がやってることは無駄なんじゃないか」という思いが出てくるかもしれません。


そういった時には、そんな不安や疑問、思いを先に解放してしまいましょう。そうすることで、元の感情に対しても解放がスムーズにいくことがよくあります。


セドナ本では、「行き詰まりを手放す」という形で紹介されています。何かに行き詰まったと感じたら、その行き詰まった感じをまず手放すということです。



この方法は非常に効果的ですが、行き詰まっている時は忘れがちなので、覚えておくととても役に立ちます。