2014年4月22日

効果がない?

セドナメソッドが気になってやってみたけど効果がよくわからなかった、あるいは最初のうちは効果を感じていたけど、慣れてきてだんだん効果を感じなくなってきた、という方がいるかもしれません。


そんな方のために、いくつかヒントを書いてみます。




1、ほんの少しの変化でもOK

メソッドをやって、感じ方が何となく変わったと言われれば変わったような、、、ぐらいの変化で全然OKです。


というより、メソッドやってすぐに劇的な変化があった!みたいなことって経験上あんまりありません。


もちろんやってすぐ効果が実感できることもあるんですが、それを期待しすぎてせっかく効果が出てるのに、全然効かないじゃん、となってしまってやめてしまったりすることがあります。


きちんと効果が出ているのに、気が焦ってメソッド自体をやめてしまうのはすごくもったいないことだと思います。


セドナメソッドは即効薬というよりも、サプリメントみたいな効き方をします。すぐには効果は感じないけれど、飲み続けてたらいつのまにか変わっていた、みたいな感じです。


なので、すぐに効果が出ることをあまり期待せずに、のんびりと構えずにやってみることをオススメします。




2、あえてわかりやすくしてみる


セドナメソッドは感情という目に見えないものを手放す方法なので、自分がどれくらい手放せたかわかりづらい、ということも効果を感じられない原因かもしれません。


そんな時は、あえて目に見えるようにしてみるのもいいかもしれません。


たとえば、自分が今感じている感情をリストにしてみて、手放せた、あるいは感じ方が変わった感情にチェックをつけていくといった方法です。


あるいは、スマホやPCのToDoアプリを使って、手放したい感情をどんどん書き込んでいって、手放せたら消していく、みたいな感じでもいいでしょう。


ある程度成果が目に見えることで、モチベーションも上がるかもしれません。




3、メソッドへの抵抗を手放す

しばらくメソッドを使い続けていると、メソッドそのものに対する抵抗が出てくることがあります。


具体的には、メソッドをやるのが面倒くさくなってきた、このまま続けても効果があるかわからない、といった思いです


そんな時には、メソッドに対する「抵抗」を手放してみましょう。


そういっためんどくさいという感情や疑問などを手放してみると、解放がスムーズにいって効果を感じやすくなったりします。




また何か気がついたことがあれば、随時追加していきます。